世屋を知り世屋に関わる
- イベント -

村は日々変化します

上世屋に仕事をきっかけに関わるようになり惚れて住民に。私がみてきたこの12年間で上世屋もいろいろ変わったなぁと思います。

国定公園になって世屋高原休憩所ができました。台風で屋根が飛ばされてトタンをはり直しをした家もあります。田植えや稲刈りには体験で100名を超える人が訪れます。映画やドラマの撮影もありました。獣害は深刻化しワイヤーメッシュや電気柵が当たり前になりました。おじいさんおばあさんが減ってしまいました。空き家も増えました。でもUIターンで若者も増えました。耕作棚田も実は増えました。

変化することはいいことだけじゃないし、寂しさもあります。でも変化はするもので、その中でも変わらず棚田で米をつくりや野菜に豆、雑穀を育てる村びとの暮らしがたんたんとあります。

移住促進の活動をしています

自分たちがこの村で生きていくためには、変化はあるなかでも変わらず続いてきた上世屋の暮らしに魅力を感じ受け継ぐ仲間が必要だという想いから、2016年より移住促進の活動を本格的に始めました。

 

移住体験ツアーやインターンを受け入れ移住希望者に村の暮らしを伝えています

お試し住宅としても利用可能な移住体験施設セヤハウスを整備しています

農業、畜産、狩猟、紙漉き、藤織りなどナリワイ応援をしています

上世屋だけでなく、世屋地区、丹後地域全体の移住促進につながるようにネットワークづくりをしています

 

今の村の状況を知ってほしい

活動しているなかで村を出ておられる空き家や土地の持ち主の方にご協力をお願いすることもよくあります。

そこで感じるのは「お話をしてみるってすごく大事だということ」

これまでは時々村に来られていたら会釈するくらい、○○さんとこの息子さんだと聞くくらいでした。でも土地を貸してほしいとか家を見学させてほしいとか実際お話しすると、「実は家を売りたいと思っている」とか「畑を使ってくれたらいい」とか気持ちを聞かせていただけて、知り合えることが次にもつながる何より大切なことだと感じています。

きっと相手の方にも「新しく来た人」という認識から「○○さん」という顔のみえるつながりになっているのではないかと思います。

お盆に交流会します

上世屋に土地、家がある方、またそのご家族の方々と交流したいとおもっています。

お墓参りに、お盆休みに帰省される方ぜひ整備中の移住体験施設セヤハウスに遊びに来ませんか。

空き家解消にはなにより孫ターンがいいんでは?ひそかに思ったりもしています。ぜひ若者世代とも交流したいです。

日にち:2018年8月13日(月)

時 間:18時~

場 所:移住体験施設セヤハウス(宮津市上世屋543番地)

出入り自由です。夕食後にのぞきにきていただくでももちろん構いません。

飲み物、食べ物持ち寄りでご参加ください。

上世屋にIターンで移り住んだ若手がゆる~くご飯食べつつお待ちしています。

*12日、13日10時~15時には空き家を繕う~2階の壁塗り~開催しています。お気軽に覗きに来てください。

 

日時2018年8月13日18時~
イベント名村びと交流会

参加申込みフォーム

参加イベント:

参加日時:

お名前:

メール:

電話番号:
- -

年齢:

現在のお住まい(都道府県):

イベント・ツアーで得たいこと:

備考(申し込み人数複数の場合・問い合わせがある場合、以下に記入ください)

  • この記事をはてなブックマークに追加