村人になるインターン

松尾の農業

村人になるインターンとは

世屋地区にある移住体験施設「セヤハウス」を拠点に暮らしながら、四季折々のなりわいを自分のペースで体験できるという企画です。インターン期間は1泊2日の短期から1ヶ月以上の長期でも対応可能。「週1回定期的に世屋に訪れ、米作りを学ぶ」なんてこともできます。現地のコーディネーターがその時期のナリワイや地域の方を紹介しますので、それを組み合わせて自分のイメージする田舎暮らしの可能性を模索できます。

松尾の農家になる

村人になるインターン、今回ナリワイとしてご紹介するのは上世屋のお隣の集落「松尾」の米農家さん。

松尾は上世屋より、もう少し山の奥に入ったところにある世屋地区の集落。宮津湾を臨む集落の斜面には棚田が広がり、美しい里山の景色を見せてくれます。現在、住んでいるのは3世帯ですが、他の地域に住む松尾出身者が通いで米作りをしたり、村仕事をしたりと皆で集落を守っています。

松尾の棚田は圃場整備がしてあり、上世屋の田んぼと比べると一枚一枚が大きく、農業の規模も大きいのが特徴。また、ほとんどの農家さんが無農薬の特別栽培米を作っています。松尾で米作りを営む溝口さんによると、地域単位で無農薬栽培することにより、他の田んぼから農薬が混入することもなく、質の高い無農薬米ができるとのこと。ここで作られたお米は、そのまま無農薬米として販売されたり、宮津市の飯尾醸造さんで無農薬米を使ったお酢として加工されます。

また米作りや畑以外にも、松尾では様々なナリワイづくりに取り組んでいます。例えば、集落内に多く生息する笹を刈ってその葉を京都市内に出荷したり、椎茸を栽培したり、雪に覆われ田畑の作業ができない冬にはこんにゃく作りもしています。

こんにゃく芋収穫

1年の流れ

3月中旬〜4月上旬土起こし、肥料作り、獣害対策、水路掘り
4月中旬〜5月中旬育苗(苗代)、代掻き、堆肥投入
5月中旬〜6月中旬田植え
こんにゃく芋、その他夏野菜など定植
7月初旬〜8月下旬草刈り
8月管理転作の荒起こし
小豆種まき
9月中旬〜10月中旬稲刈り、出荷
11月〜3月こんにゃく作り

受け入れ先

  • 溝口喜順

募集要項

期間通年
※参加は随時受け付けを行っていますので、まずお問合せ下さい。1泊2日から1ヶ月以上の長期まで対応可能です。インターン開始希望日の2週間前までにご連絡ください。
内容季節に応じた棚田やその他農家の作業など、申し込みしていただいた方の希望に合わせ、ナリワイ体験をコーディネート。希望があれば世屋の人との移住相談の場も設けます。
宿泊場所【セヤハウス】
1泊 4月~10月:3000円、11月~3月:4000円
セヤハウスについて詳しくはこちら
費用現地までの交通費、滞在中の宿泊費・食費・交通費等は自己負担になります。
持ち物汚れても良い動きやすい服装、長靴(膝上まで丈があるものがオススメです)、作業用手袋
お問い合わせkamiseya.sumu@gmail.com
運営ドチャック会議(上世屋定住促進協議会)

お申込み・お問い合わせ

村びとになるインターンへのお申込みはお問い合わせは、下記のフォームよりお願いいたします。
また、ご質問等もこちらのフォームよりご連絡ください。
お名前
メールアドレス
お問い合わせ内容